2017年11月12日

高配当銘柄・・・利回り5%でも元本回収には25年掛かります!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

株式投資で利益を得るには売却益を取る方法と配当を取っていく方法があります。前者は短期間で大きな利益を得ることができることができますが、損をする可能性も低くはありません。

一方、配当は少額ですが、持ち株数を減らさずに利益を得ることができます。売却益を狙う場合と同様に株価が下落のリスクはありますがじっと耐えていればそのうち回復する可能性もあります。さらに耐え続ければいずれは元本を回収できます。減配や上場廃止というリスクが無いわけではありませんが、大企業であればほぼノーリスクと言ってもいいでしょう。

しかし、配当で元本分を回収しようとしたら長大な時間がかかります。仮に、配当利回り5%の株を100万円で買ったとして、配当は年5万円、20%の税金がかかるので実質4万円、投資元本100万円を回収するには25年かかることになります。

リスク回避のために高配当銘柄を長期保有するということは間違ってはいないと思いますが、十年単位の時間が必要です。


また、配当は不労収入として捉えることもできますが、前出の例で25年という期間限定の不労収入で良いとすれば、現金で持っていて毎年4万円づつ取り崩していく方が確実にノーリスクです。

50歳から25年といえば75歳。平均寿命にも近づきます。年金も多かれ少なかれあるでしょう。今から配当を狙うは得策ではないかもしれません。

今年、配当目的の銘柄で大きく含み益が積み上がりました。
(→含み益2,000万円 VS バブル崩壊)
株価上がれば配当利回りは下がります。すでに高配当とは言えなくなってきました。今の評価額分を回収するには30年、40年、それ以上かかるかもしれません。ここで方針転換を考えたいと思います。配当目的の銘柄を売って現金化していくつもりです。要は帳尻が合えば、それで十分です。







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 22:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら