2016年11月28日

積立投資は高値つかみになる可能性が・・・特に米国は!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

積立投資は元本が保証されていれば確実に増えていきます。そして、いつ現金化しても、マイナスになることはありません。完璧の投資です。しかし、元本が保証されていなければ確実とは言えません。

米国は好調が続いています。そして、大統領選後さらに良くなってきました。ダウは19、000ドルを超えて20,000ドルを目指す勢いです。でも、この情勢で積立を続けるということはどうなんでしょか。特に米国はこれまで右肩上がりが続いていました。これからもこの右肩上がりが続いていくとの予測が大勢ですが、ダウで20、000ドル、30、000ドル、40、000ドル・・・と今の勢いが持続していくでしょうか。どこかで必ず下げ相場が来ます。もし、出口を考えていなければいつかは高値掴みになります。

前回書いたように年明けの急落があれば、高値つかみは短期なるので不幸中の幸いですが、勢いが衰えて微上げもしくは高止まりが続いたら長期には渡って高値をつかみ続けることになります。つかんだ高値は下げた後再び上がって初めてチャラになります。出るに出られなくなる可能性があります。投資は上げているときに出口を作らなければなりません。過去を起点にしたら、今がそれなのかもしれません。

しかし、積立投資は普通買いのみで売りを考えません。ましてや上げているところで出ていくことはまずできません。積立は上げ下げを考慮せず定期的に淡々と買っていくだけなので簡単な投資だと考えがちですが、それは2倍3倍と圧倒的な勢いで上げていく場合であって、そうでなければ出口を考え無ければならず最高に難しい投資だと思います。


むしろ、下げているときにスポットで買って上げたときに売って利益を確定していくという方がリスクが少なく堅実だと思います。さらには出口を考えず定期的に利益(分配金)を確定していく毎月分配型投信のようなものの方がもっと簡単で確実です。高値つかみはありません。逆に高値での利益確定

実は先日、米国が堅調だとういことで遅ればせながらS&P500ETFを定期的に買っていこうかな思って買い始めました。その矢先トランプ相場でアッと言う間に上がってしまい、上述のようなことを考えました。さらには上げてしまってからでは分配金の利回りもそれほど良くないということで、新たな買い増しはせず、結局、トランプ相場前に買ったS&P500ETFは売って利益を確定しました。

(→急落は年明けに・・・昨年末を思い出せ!!)

大勢に逆らうようですが、強すぎる米国は難しいと思います。むしろ、強すぎず、弱すぎず適度に上げたり下げたりを繰り返している日本の方が分かりやすく安心感があります。伸びしろも期待できます。それに、もし米国が上げていくのであれば日本も多かれ少なかれ追随します。

私はあえて日本メインでいきたいと思います。

(→これから株価が2倍になる銘柄は?)






wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

投信工房でこんなポートフォリオを提案されました・・・目標リターンは4、4%と微妙です!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

松井証券で投信工房というサービスが始まりました。年齢や投資方針などを元に最適な投資信託のポートフォリオを提案してくれるというものです。無料なので試してみました。

提案されたポートフォリオはこんな感じです。

・国内株式    ニッセイTOPIXインデックスファンド                 11%
・先進国株式  たわらノーロード 先進国株式                      13%
・新興国株式  三井住友・DC新興国株式インデックスファンド              8%
・国内債券    三井住友・日本債券インデックス・ファンド               11%
・先進国債券  SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)   37%
・新興国債券  eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり)       5%
・国内リート   たわらノーロード 国内リート                     5%
・海外リート   たわらノーロード 先進国リート                   5%
・コモディティ  i-mizuhoゴールドインデックス                     5%

積極的な投資方針を選んだのですが、年齢と収入が効いたのか安定型のポートフォリオです。国内、先進国、新興国、株式、債券、リートと分散されていて、なおかつ為替ヘッジありの先進国債権の割合が多いので長期であれば間違いないと思います。


ただ、目標リターンが4、4%と微妙です。今年、たっぷりと仕込んだみずほHDの配当利回りもこのくらいです。株価の上げ下げはあるもののメガバンクであれば配当は安定的にあると思います。こちらも配当という点では低リスクです。しかも、キャピタルゲインを狙うという面白味もあります。

(→これから株価が2倍になる銘柄は?)

改めて今回提案されたポートフォリオで投信を買おうとは思いませんが、ほったらかしのDCがあるので、これを今回提案されたポートフォリオに合わせてリバランスしてみたいと思います。

10数年後払い戻すときに目標リターン4、4%を達成できているのか、それ以上になるのか、期待せずに待ってみます。





wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

急落は年明けに・・・昨年末を思い出せ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

日米ともに絶好調です。日本はあっという間に18,000円超え、米国もダウが最高値を更新とまだまだ上がりそうな雰囲気です。米国の利上げは既にに織り込み済み、他に懸念材料もなさそうだし、年末まではこの調子でいくでしょう。でも、問題は年明けです。

昨年末の日本株も同じような感じだったと思います。20,000円越えの後、一旦下げて再び20,000円を目指す勢いで、誰もが年明け上昇相場を予想していたと思います。しかし、年明けそうそうは急激な下げ相場がきました。理由はいろいろあったでしょうが、誰も考えていなかったことが起こりました。

来年、年明けも大多数が日米とも上昇相場を予想していると思います。急落を考えている人はほとんどいないでしょう。そんな材料も見当たらないし、今の雰囲気では当然だと思います。

だからこそ、年明けの急落は考えておいた方がいいと思います。明確な理由があるわけではありあませんが、急激な上げやトランプ大統領に対する過剰な期待など急落の種は無きにしもあらずです。


まずは大統領選前に買った「SPRD S&P500ETF」を売却しました。

→これから米国を買っても大丈夫だろうか?
→米国大統領選前だけど「SPRD S&P500」をナンピン買い!!

分配金狙いでしたが、うまく21000円代で買っているのですでに15%近く上昇しています。分配金にしたら、既に数年分の利益があります。一方、ダウも19,000ドルを付けましたが、20,000ドル越えは・・・。

年明け急落も考慮して、とりあえず半分利益を確定しました。残りも年内には利益を確定するつもりです。米国は右肩上がりが

年明け急落があれば大当たり、なければ新規のNISA枠で順張りというスタンスで臨みたいと思います。





wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら