2016年12月29日

リタイア3年目、2016年の年間収支は・・・今年はいい年でした!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

2016年もわずかとなりました。年末ということで本年(リタイア3年目)の収支をまとめてみました。小幅な変動はあるもののほぼ定常状態になってきました。

(→リタイア初年、収支をまとめてみました。)
(→リタイア2年目収支決算・・・今年もかろうじて黒字になりそうです!)

(細かく書くのも面倒なので、大ざっぱに万円単位で丸めています。)
支出
・食費:25万円(月1.8万円〜2.5万円)
 昨年よりわずかに増えています。食費を節約してもそんなに変わらない気がしてきました。
 節約志向が弱まってきました。
・食費以外の日常生活費:70万円
 細かく分けるのも面倒なので、他に分類されないものを入れてます。
 PCの買い替えをしたの昨年より増えています。
・国民年金:0万円
 昨年4月から全額免除を受けています。昨年は1〜3月分があったので。昨年比-5万円。
・DC:0万円
 国民年金と同様に昨年4月から拠出していません。昨年比-5万円。

以下、変動なし
・国民健康保険 3万円
・水道光熱費:6万円
・通信費:5万円
・娯楽費:60万円
・家賃:60万円

収入
・家賃:ネットで120万円
 昨年と変わらず。ですが、今年末で退去となりました。来年早々、家賃収入が無くなりまし
 た。これからは移動時期なので早期に次の入居者が決まることを期待したです。
・配当・分配金:120万円
 昨年比+10万円。
 相場は上げたり下げたり忙しかったですが、結果いい感じで落ち着いています。
 投資元本が少々増えたので、その分プラスになっています。
・FX:50万円
 年初はマイナスでしたが、ブリグジットやトランプラリーで一気に挽回しました。まだまだ含
 み益はありますが、税金もかかるのでこれくらいに抑えています。スワップも微力ながら毎日着実に積み上がっています。
・アフェリエイト:5万円
 昨年とほぼ同じ。定収と位置付けてもいいかもしれません。
・バイト代:40万円
 昨年比-10万円。年前半は週10〜12時間程働いていましたが、後半は減らしました。投資環境がよくなってきて、少々面倒になってきました。でも、一つぐらい面倒なことがあってもいいと思っているので当面は続けます。
・株の売買益:50万円
 基本バイアンドホールドなので、あまり利益確定はしませんが、今年はなんと言ってもトランプラリーがありました。少々利益確定しました。

・昨年同様、他に楽天ポイント等など2万円分ぐらいはありました。


ざっくりとですが、まとめると本年は
支出:229万円
収入:385万円

164万円の黒字です。

文句なしです。この状態が続けば何の問題もありません。但し、投資に依存している部分も多く確実とは言えません。

支出は200万〜250万でこれからも安定すると思います。ストイックに節約しているわけではないので、普通に生活するのには無理のない水準です。一方、収入は家賃、投資と変動が大きくなりがちです。来年も今年の水準が維持できるとは限りません。まず、年明け早々、家賃収入がいきなりなくなるので痛いです。

収入は大きくなくても、定期的に入ってくる方が安心できます。来年は毎月分配型の投信の比率を増やしていこうと思います。資産の取り崩しになるかもしれませんが、それでも毎月現金として入ってくる方がいいような気がします。
(→2017年のNISA投資戦略はこれです!!)






wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2030年、米国株は2倍になる・・・今からでも遅くない!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

米国株が絶好調です。大統領がトランプ氏に決まってからはダウもS&Pも高値更新が何度となくありました。そして、リーマンショックを起点にすればほぼ一直線に右肩上がり続いています。

もし、この線型性が持続するとするならば2030年には現在に2倍になります。ダウであれば40,000ドルになるでしょう。人口の増加やGDP上昇など、さらに上げて行く要素は十分あります。今からでも遅くは無いでしょう。

でも、私は買わないつもりです。相場は循環します。山高ければ谷深しなんてことわざもあります。いくら右肩上がりでも、どこかで売らなければ利益を得ることはできません。そして、右肩上がりが長く成れば成るほどそれは心理的に難しくなります。例え2倍になったら売ると決めていても実際に2倍になるということは好調が続いているということです。なかなか売れません。現にリーマンショックを起点にしたら、2倍は単なる通過点に過ぎませんでした。

仮に強靭なメンタルで2倍になったとき、しっかりと売っても右肩上がりでは買い戻しができません。2倍を超えて10倍ぐらいになればそこから下げたところで売っても十分利益はありますが、2倍は微妙ところです。

米国が絶好調と言っても指数や米国市場を引っ張ってきたアップル、アルファベット、マイクロソフト、amazon、フェイスブックなどの有名どころが今から10倍になることはないでしょう。一本調子で上げている市場はある意味難しいと思います。


一方、日本は適度に上げ下げを繰り返しています。現在、日本も絶好調ですが、直ぐに息切れするような気がします。上げてもすぐに下がるだろうという感覚があるので、利益確定のハードルが低いです。もちろん、上げ続けたら買い戻しの問題は出てきますが、日本はそのうち下げます。(根拠はありませんが、感覚的にそうなるとしか思えません。)

今年、年央の安値の時期にたっぷりと仕込んだ「みずほHD」は既に対買値で1.5倍になっています。そして、ちょっとづつ上げ売り下げ買いをしているので、取得単価は下がっています。現時点で2倍を超えて来ました。

指数と個別銘柄では直接の比較にはなりませんが、10数年待たなくても2倍になりました。そして、何より日本株の方がなじみがあります。為替を気にする必要がありません。米国が絶好調といってもプラザ合意のようなことがあれば一瞬で終わりです。トランプ大統領、何をしてもおかしくはありません。税金のこともあります。そんなことを考えると私としては日本株の方が性に合っています。

アナリストレポートやブログなどでも米国押しの記事がよく目につくようになってきました。たぶん、間違いではないでしょう。今からでも遅くはありません。

でも、私はこれ以上米国は買いません。
→米国大統領選前だけど「SPRD S&P500」をナンピン買い!!







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2017年のNISA投資戦略はこれです!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

2016年も後わずかとなりました。今年は年前半の下げ相場から後半トランプラリーへと目まぐるしい展開でした。そして、面白い展開でもありました。多くの方が大きく儲けを出されていると思います。私は基本バイアンドホールド、インカムゲイン狙いなのでほどんど含み益のままですが、それでもFXと日本株で100万円程利益を確定しました。

この100万円、来年のNISA枠に持って行こうかと思っています。問題は何にするかです。日本株、米国株とも絶好調です。しばらくはこのまま上げていくでしょうが、これまでの上げが急激すぎます。高値つかみになる可能性があります。かと言って押し目狙いも難しいでしょう。

(→積立投資は高値つかみになる可能性が・・・特に米国は!!)
(→狙いは押し目・・・だけど押し目は無いでしょう!!)

投資の基本は安く買って、高く売る、そして相場は循環します。J-REATはどうでしょうか。J−REATは今のところ出遅れ感があります。そろそろ株価に追随し始めようかというところです。もちろん、株価が強ければ相対的に弱くはなりますが、今のところ底値圏のようなので、ここからさらに下げる可能性は低いと思います。逆に株価が弱くなったとき、相対的に強くなる可能性もあります。


「MHAM J-REIT インデックスファンド」毎月分配型のファンドです。

NISAを最も効率良く利用できるのは毎月分配で普通配当金が出ているときです。毎月分配にしなければNISAでなくても税金は発生しませんが、既にリタイアしているので月々の現金収入は欲しいところです。

このファンドの分配金は、収益の占める割合が40%程度なので半分以上は資産の取り崩しになっています。資産を形成するには非効率ですが、リタイア後というステージにおいては何ら問題はありません。むしろ、好都合です。

分配金のうち収益の占める割合が40%ということは600円の取り崩し資産に400円が補填されて支払われることになります。単純に資産を取り崩して行くことと比較すると、このファンドに資金を入れて分配金を受け取っていくということは66%補填を受けて資産を取り崩して行くくとこと同等です。

もし、収益の占める割合が100%を超えれば資産の取り崩しは無くなります。そこまで、行かなくても償還されずに分配金が出続ければ何の問題もありません。現在の分配金の水準で10年以上余力はあるようです。問題がないどころか十分です。

また、「MHAM J-REIT インデックスファンド」は2012年から保有していている投信で、既に投資元本の半分は回収が済んでいる上、普通分配が続いている私の保有している中では極めて優秀な投信です。

投資対象がリートインデックスという極めて分かり易い上、縁起がいいので思い切って新たなNISA枠が使えるようになったら、枠一杯全力?を投入したいと思います。







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
posted by toshixr11 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら