2012年07月27日

リタイア後をシミュレートしてみる(支出削減と収入増加、どこまで可能か?)

しばらく前にリタイヤしたらいくらで暮らしていくかとういことを書きました。
こちら→リタイヤ後をシミュレートしてみる(いくらで生活するか)
そこで、これまでの消費金額から見積もっておおよそ年間200万円で暮らしていけるという結論に達しました。


そして200万円/年であればぎりぎり生き延びられるという試算もしました。
こちら→リタイア後をシミュレートしてみる(いくらあれば足りるか)
一応、計算上では収支がほぼ釣り合うことにはなりますが、やはり余裕が少しは欲しいということで、何か策がないか考えてみました。

支出を減らすか、収入を増やすかいずれかですが、それぞれについて書いてみたいと思います。


支出を減らす。
@家賃を減らす。試算では今住んでいるところを基準にしましたが、リタイアすれば通勤を考慮に入れる必要がなくなるので、自由度が増えます。また、今のところリタイア後も車は持ち続けるつもりなので、かなり選択枝増えるはずです。駅から遠くても東京からはなれてもOKです。ただ、今の環境が気に入っているので、どうするかは考えどころです。

A車を手放す。確かに維持費等コストは減らせますが、@の住居費削減と相反です。また、車を運転すること自体好きだし、行動範囲が広がるので、持ち続けたいと思っています。最後の選択枝かもしれません。

B自給自足。100%自給自足は無理です。簡単な野菜とかを少し作るぐらいならできるでしょうが、ほとんど節約には影響ないでしょう。どちらかというと趣味。

Cスーパーの特売、割引を徹底的に活用する。時間がある分、スーパーでの特売や割引には臨機応変に対応できると思います。曜日によりポイント還元率も変わったりするのでそこをうまくついていけば節約につながります。しかし、単身である以上絶対的な購買量が少なく、金額的には大した額にはならないでしょう。でも、こういうことの嫌いではないので、実践していくつもりです。

D電気代の節約。これは現在でもかなり絞っているので、これ以上厳しいです。(冷蔵庫は使っていませんし、照明はすべてLEDです。エアコンも極力使いません。)でも、今年は趣味で太陽光発電システムを作ったので、その分が減らせるかもしれません。ただ、投資元本もありますので、節約効果がでるのは元本回収後です。

ちなみに投資元本は1万円で、200w分ぐらいまかなえますので1時間当たり5円弱ぐらいです。1日8時間として元本回収に1年弱。あまり節約効果は期待できません。(これは趣味なのでこだわりませんが、2年目以降少しでも節約出来れば自分的に満足です。)

E趣味、娯楽費を減らす。支出を抑えるにはかなり効果的です。しかし、自由になれる分、これらの支出が増える可能性もあります。余裕が出てくれば少し増やす。厳しくなれば絞るというバッファーという感じでしょうか。
はじめから絞るということでは生活にゆとりがなくなってまうと思うので、柔軟に考えたいと思います。どうしても、予算を超えて使いたいということが出てきたら、その分働くということもアリかなと思っています。

F残るはガス、水道、電話ぐらいでしょうが、現状ミニマムなので、今以上削減するには止めるしかのいのでこれは無理です。

G最後に健康維持。これが一番重要でしょう。病気になった時の医療費用は計算に入れていないため、健康で支出なし。病気になったら予定外の支出となります。健康でいることは必須です。
(医療費というわけではありませんが、一応特別支出の枠はとっていますので、万一の時はそこから捻出するつもりです。)



続いて収入を増やす方
@まず、なんといっても労働でしょう。でもこれはその時になってみないわかりません。リタイアしてまた働きたくなるのか、全くその気が起こらなくなるのか。働くことを前提にすると、ストレスのなるのでとりあえずは働かない、もしくは働くにしても少しだけというスタンスで行きたいとは思います。もちろん、先出の趣味娯楽費との兼ね合いもあります。

A投資(ハイリスクハイリターン):時間ある分、積極的な投資もできるでしょうが、ハイリスクな投資は禁物です。山っ気を出さないように気を付けないといけないでしょうか。

B投資(ローリスクローリターン):もともとインカムゲインは織り込み済みですが、景気が良くなれば+αが期待できます。とはいえこれは全くの水もの。

C株主優待取り:今も少しはやっていますが、細かく時間をかけて計画的にやれば、それなりに稼げるのではないでしょうか。

Dギャンブル:ありえません。単発の勝ちはあるでしょうが、トータルでは必ず負けます。書くまでもないのですが、将来の戒めとして触れておきます。

Eアフェリエイト。本当に微々たるものですが、一応プラスにはなります。



とりあえず思いつくまま上げてみました。

支出を減らす方では大きく貢献できるのは住み替えによる住居費削減、車の手放し、趣味娯楽費の削減といったところでしょうが、リタイア速実行というわけにはいかないです。後は微々たるたるもしかないですが、塵も積もれば山となるということで、自由な時間を使って淡々と実践してみたいと思います。


収入を増やす方について、労働以外これといったものはありません。でも、ハイリスクハイリターン投資や、ギャンブルで一獲千金などとは決して思ってはいけないとこれだけは肝に銘じておきたいと思います。


この辺も実際にリタイアした後では状況も環境も異なってくるでしょうが、将来に備えて現時点で考えられるだけ、考えてみました。



posted by toshixr11 at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | リタイアについての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冷蔵庫を使ってない!?
趣味で太陽光発電システムを作った!?
すごいですねえ・・・・・・。
上には上の方がいらっしゃいます。(^^)

Posted by mushoku2006 at 2012年07月28日 08:31
mushoku2006さま
コメントありがとうございます。

冷蔵庫は夏場と生ものだけ気をつければ意外となくても大丈夫です。あえて使わないようにしているという訳ではなく、引越後、必要になったら電源を入れようかなと思いつつ、そのままになってしまったということです。

冷蔵庫がないと買い物する時も、それが前提になるので、余分なものを買わないようになります。

「冷蔵庫を使わない買い物をする。⇔ 電源を入れない。」

というサイクルになってしまいました。

太陽光発電はソーラーパネルがかなり安くなりましたので、本格的なものでなければ結構簡単にできます。但し、大した節約効果期待できませんが。
Posted by toshixr at 2012年07月28日 11:59
私も節約はしますが、冷蔵庫を使わない生活は以外でした。

まだ絞れる所があると気がつきました。確かにあったら頼ってしまうので余分に買う可能性は高くなります。

大変勉強になりました。

電気、ガス、水道についても掘り下げて書いていただけたらいいと感じました。




Posted by 小太郎 at 2013年09月27日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。