2012年08月20日

アーリーリタイヤついて思うこと:コメントを頂いて

あしかさんからコメントを頂きました。


>私も早期リタイアを考えいて、このブログを見つけました。45才の毒男です。資産の仕込みは順調なのですが、いざその場になって踏み切れるか自分が心配です。特にやりたいってことが今のところないもので。
これからもブログ楽しみにしてます。


コメントを頂けるとと嬉しいです。ありがとうございます。


あしかさんも45歳独身でリタイヤを考えつつもも踏み切れるか心配とのことで私と似たような感じでしょうか。

私も特ににやりたいこと(仕事という意味で)はあるわけではありませんが、仕事に縛られ時間を奪われてていく生き方が、いいのか疑問を持ち始めました。(単にストレスフルの仕事嫌だということでもありますが・・・・)


もちろん、仕事は金銭を得ることが目的でもあるので、金銭的な目処が立たなければ積極的なリタイアということは考えにくいでしょう。ましては家庭があって、子供がいて、住宅ローンがあるとなればアーリーリタイヤなど考えもしないと思います。


わたしの場合も、幸か不幸か、扶養家族がいるわけでもなく、自分さえ何とかなればいいという環境で金銭的にも目処が立ち始めたのですが、より安全にと考えると不安な面もあります。かといって安全を考えるばかりに不満を持ったままで人生を送ることは避けたい。でも、より安全にと考えるとずるずる定年までいってしまうような気がしないでもありません。どこかで線を引きたいという思いで45歳を一つの区切りと考えました。


そしてアーリータイヤメントを実行すべくブログを立ち上げあげました。
ブログを書くことにより自分の考えにも整理がついてきましたし、より明確にもなってきました。私にとってブログとは自分の考えを整理する上で大きな意味があります。書くことによりアーリーリタイヤより現実感を持ってい感じられるようにもなってきました。そんな感じで自分本位で好き勝手、書いていますが、読んで頂ければ幸いです。


それからブログタイトルについても触れたいと思います。

昨今、勝ち組負け組という言葉で相対的に比較して言う風潮があると思います。アーリーリタイアメントをして、満足した生活が遅れれば勝ち組でしょう。でも、働くことが人生最大の美徳と考えている人にとっては定年まできちっと勤め上げた人が勝ち組になるでしょう。定年まで勤めても不満を持ちながらくすぶり続けたら、それは負けでしょう。要は自分が満足できれば、勝ちになるのでしょうが、その時その時の状況に様って価値観も変わってくることもあると思います。


わたしも、今は資金的に余裕をもってアーリーリタイヤを達成できれま満足できる思っていますが、実施リタイアしたらそうでもなかったと思うかもしれません。資金面でも余裕があると思いっていも、実際そうでもなかったということになるかも知れません。社会情勢が不安定な中、単純に勝ち負けとは言えないと思います。そんな中、勝ちとか負けとかこだわらずに、最善の道を見いだせればいいかなという思いであえて「勝ち組?負け組?」とつけてみました。


最後に、あしかさんもブログを書いてみてはいかがでしょうか。思っていることが、明確になりますし、リアリティがでてきます。アーリーリタイアについてのブロク多々ありますが、同じような状況の方は少ないようです。同じような状況の方の考えていることをぜひ参考にさせて頂ければと思います。



posted by toshixr11 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイアについての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。