2012年11月14日

リタイヤの準備、必要なもの(その3)

さて、前回、前々回と「リタイヤの準備、必要なもの」(こちら→その1その2)ということで雑誌の感想と自分勝手な考察を書いたところminatoさまよりコメントを頂きました。お返事ということで、もう少し私の思うところ書きたいたと思います。

>その本「金持ち老後、貧乏老後」というような見出しで、興味があったので自分も買いました。(図書館にも置いてあるんですね〜)<
そうそう、そういう見出しでした。幸いにもうちの近所の図書館はこの手の雑誌が何種類かおいてあります。買うと以外とするので、助かっています。


>半強制的に規則正しい生活をしていた面があるので、リタイヤ後は逆にちょっと気をつけないといけないなと思います。<

確かにに全くの自由になってしまうと、生活が乱れる可能性がありますね。気を付けたいと思います。


>一番ストレスが無かった時代って、大学生の頃ではなかったかなと思います。<

全く同感です。私も一番ストレスが無かった時です。本当に心身ともに充実した一番いい時期だったと思います。アーリーリタイヤメントはこういう時代をもう一度過ごしたいといという願望でしょうね。


>結婚については、自分は未婚ですが、もし結婚していればどうだったかな〜という後悔とはちょっと違うけどそういう思いはきっと抱くと思います。<

結婚は人それぞれでしょうが、世の中にはこんな言葉があります。「結婚は人生の墓場」「熟年離婚」「家に帰りたくない症候群」などなど。3分に一組が離婚、そして戸籍上離婚していないだけ、もしくは経済的な理由や子供のために離婚できない夫婦は数え切れないくらいいると思います。そして、自分の親をみても・・・。

これらがすべてを物語っているのではないでしょうか。生まれも育ちも違う人間が一緒に生活すれば、多少なりともストレスがたまります。単純にどこまで耐えられるかだけだと思います。そしてストレスをためることは健康の話に・・・。私はもうありえませんね。ご推察の通りこれについては葛藤はありません。ただ、単なる妄想でありえませんけど、某山中教授が発明したi-PS細胞が実用化されて自分の女性クローンなんてできたら一緒に生活してもいいかもしれませんね。考えることが同じ、一緒にいてもストレスがたまらない?それとも、気持ち悪いか?これはありえなのでどうでもいい話です。

>結婚を視野に入れるとライフプランが根本的に変わってきてしまうので婚活などはしませんが・・

あくまで個人的な見解ですが、ライフプランを変えてまでする価値があるかというと・・・だと私は思います。


minatoさま
いつもコメントありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。



仁徳天皇陵前の大仙公園にある日本庭園
20121114(002).jpg

百舌鳥八幡
20121114(016).jpg



posted by toshixr11 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイアについての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。