2016年10月15日

持ち家 VS 賃貸・・・そんなの「いいとこ取り」をすればいいだけです!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

「持ち家 VS 賃貸」よくある議論です。
そして、どちらもメリット、デメリットがあり、最終的には個々人の価値観によるというのが結論だと思います。

ます、持家のメリットは家賃を払う必要がない、家を持っているという精神的な安心感、資産になるといったところでしょうか。一方、賃貸メリットは住み替えが自由にできる等々です。その逆がそれぞれのデメリットです。

そこで、私は両者の「いいとこ取り」を提案したいと思います。

持ち家を賃貸に出して家賃収入を得る。そして、その収入で賃貸を借りて住めば両方のメリットを享受することができます、

ただ、この場合、家賃収入が確実に入る保証がないというリスクがありますが、これは、持ち家を取得する際に賃貸物件としてのスペックを考慮することで低減することができます。さらには不動産投資ではありません。利回りではなく最低限、自分が賃貸に住むために賃料が出ればいいので、そこまで家賃を下げることができます。市場価格より安ければまず空室が続くというまずありません。

さらに自分が住む方の賃料より高い家賃設定ができれば不労収入にもなります。よく持ち家はお金がかからないと言う人がいますが、いくら自分のものでも固定資産税や修繕費はかかります。修繕費をかけるかけないは本人の自由ですが、ある程度かけないと悲惨な状態になります。持ち家に住む限り永遠に持ち出しはあります。

自分で住まず賃貸に出しても所有物件にはこれらの費用は掛かりますが、不労収入のがあれば相殺することができます。そして、借りている住んでいる方にもこれらの費用は発生していますが、すべて貸主の負担です。借りている側は純粋に家賃だけです。こういう状態になって、初めて住居費が全くかからないと言えると思います。

もちろん、収入になれば税金がかかりますが、経費計上、減価償却、青色申告特別控除などが使えるのでほとんど問題になりません。


賃貸に住むことのメリットは当然に享受することができて、資産価値がある物件を所有できて、住居費が全くかからないどころかプラスの収入まであって・・・要は「いいとこ取り」です。さらには貸している側、借りている側の両方の立場が分かるというのおまけのメリットもあります。

今後も都会は人口増が期待できます。賃貸も貸す側がそれほど不利なるとは思えません。一方、地方は人口減、衰退の兆しが見えます。そして、私の住んでいる地域も相続税対策で建てられと思われる賃貸物件がたくさんあって明らかに余っている感じです。

高齢になると賃貸は借りられなくなると心配する人もいるようですが、供給過剰な状態あって不動産を持っているという裏付けがあれば借りるところが全くないということはないと思います。そして、一度借りて住んでしまえば貸主はよほどのことがない限り契約解除をすることができません。借主は借家法で手厚く保護されています。

現状、都会の賃料と地方の賃料では圧倒的に都会の方が高いです。今後、都会と地方の格差が広がれば広がるほど、都会の物件を所有して地方の賃貸に住むというスタイルには好都合です。

物件選びや取得費用のことなど具体的な方法はこちらにも書いてあります。
(→不労収入は家賃です・・・だけど不動産投資ではありません!!)
(→不労収入は家賃です・・・だけど不動産投資ではありません!!(つづき)







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら