2016年10月27日

これから株価が2倍になる銘柄は?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

日経平均が堅調の動きをみせています。昨年、2万円の大台に乗りつつも、年初に大幅に下げました。その後紆余曲折を経て、じりじりと上げてきました。そして、とうとう「年末には1万8000円、来年には2万円」なんてことを言うアナリストも出てきました。

2万円まで上がれば約2割の上昇で言うこと無しですが、もう少し上がりそうな欲を言えば2倍ぐらいになりそうな銘柄を探してみたいと思います。

比較的簡単に上がるのはジャスダックやマザーズなどの新興市場銘柄です。バイオベンチャーやフィンテック関連なんかは短期間で2倍を超える動きをみせているものもあります。しかし、下げる時も一瞬です。しかも、一気に下げます。ここで2倍3倍になる銘柄があっても効率良く利ざやをぬくことは私にはできません。なので、新興市場には手を出さないし、対象外です。

新興上場ではなくて日経平均が2万円越えとなったときに2倍ぐらいになりそうな銘柄ということで考えたいと思います。

ズバリ「銀行株」メガバンクはその可能性があると思っています。

まず、メガバンクは現状かなりの割安状態です。マイナス金利で業績悪化なんて言われて一段の下げもありましたが、日本の景気全般に依存しているのか、外的要因なのか漠然と下げているのが現状だと思います。一言、売られすぎだと思います。PERも10倍以下です。

特にこれといった悪材料があるわけでもないので、全体が上がれば上がってくるとは思います。では、どこまであがるのかですが、昨年日経平均が2万円台に乗ったときの株価が参考になると思います。直近最安値水準を基準にしてと2倍に近いところまでありました。


となると、再び日経平均が2万を超えてくれば同じ水準までもどる可能性は大いにあると思います。

なんてことを半年ぐらい前から考えていて、「みずほFG」ちょとずつ買っていました。もちろん、配当利回りも4%近くあるので例え上がらなくてもそれで十分です。さらには最悪の事態になることはまずありえません。かつてはそれに近い危機的な状況もありましたが、顛末は知っての通りです。

三菱でも三井住友でもよかったのですが、あえて「みずほFG」を選んだのは売買単価が安く2万円もあれば単位株が買えてしまうからです。下げたら300株買って、上げたら200株売ってなんてことを日々繰り返してちょっとずつさやを抜きつつ、保有株数を増やしてきました。

各種指標やチャートを細かくは分析するなんて面倒なことはしません。細かく見ても結末は大して変わらないと思っています。大雑把に安全、割安、日経平均が2万円を超えたとき2倍近い水準にあったなんてことで選んでみました。

さて、来年日経平均が再び2万円を超えるでしょうか。そして、そのとき銀行株は?
(→日本は「バブル前夜」・・・かもしれない!!)





wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443152317

この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら