2016年12月24日

2017年のNISA投資戦略はこれです!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

2016年も後わずかとなりました。今年は年前半の下げ相場から後半トランプラリーへと目まぐるしい展開でした。そして、面白い展開でもありました。多くの方が大きく儲けを出されていると思います。私は基本バイアンドホールド、インカムゲイン狙いなのでほどんど含み益のままですが、それでもFXと日本株で100万円程利益を確定しました。

この100万円、来年のNISA枠に持って行こうかと思っています。問題は何にするかです。日本株、米国株とも絶好調です。しばらくはこのまま上げていくでしょうが、これまでの上げが急激すぎます。高値つかみになる可能性があります。かと言って押し目狙いも難しいでしょう。

(→積立投資は高値つかみになる可能性が・・・特に米国は!!)
(→狙いは押し目・・・だけど押し目は無いでしょう!!)

投資の基本は安く買って、高く売る、そして相場は循環します。J-REATはどうでしょうか。J−REATは今のところ出遅れ感があります。そろそろ株価に追随し始めようかというところです。もちろん、株価が強ければ相対的に弱くはなりますが、今のところ底値圏のようなので、ここからさらに下げる可能性は低いと思います。逆に株価が弱くなったとき、相対的に強くなる可能性もあります。


「MHAM J-REIT インデックスファンド」毎月分配型のファンドです。

NISAを最も効率良く利用できるのは毎月分配で普通配当金が出ているときです。毎月分配にしなければNISAでなくても税金は発生しませんが、既にリタイアしているので月々の現金収入は欲しいところです。

このファンドの分配金は、収益の占める割合が40%程度なので半分以上は資産の取り崩しになっています。資産を形成するには非効率ですが、リタイア後というステージにおいては何ら問題はありません。むしろ、好都合です。

分配金のうち収益の占める割合が40%ということは600円の取り崩し資産に400円が補填されて支払われることになります。単純に資産を取り崩して行くことと比較すると、このファンドに資金を入れて分配金を受け取っていくということは66%補填を受けて資産を取り崩して行くくとこと同等です。

もし、収益の占める割合が100%を超えれば資産の取り崩しは無くなります。そこまで、行かなくても償還されずに分配金が出続ければ何の問題もありません。現在の分配金の水準で10年以上余力はあるようです。問題がないどころか十分です。

また、「MHAM J-REIT インデックスファンド」は2012年から保有していている投信で、既に投資元本の半分は回収が済んでいる上、普通分配が続いている私の保有している中では極めて優秀な投信です。

投資対象がリートインデックスという極めて分かり易い上、縁起がいいので思い切って新たなNISA枠が使えるようになったら、枠一杯全力?を投入したいと思います。







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】
2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445193156

この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら