2017年02月25日

「プレミアムフライデー」ってそんなに悪いですか?・・・私はいい考えだと思います!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

今月から「プレミアムフライデー」がスタートしました。否定的な意見が多くそれがわからないというわけではありませんが、私はいい取り組みだと思うのでちょっと触れてみたいと思います。

プレミアムフライデーとは毎月、月末の金曜日は早めに仕事を終わらせて、浮いた時間を自分のために有効に使おうという制度です。過剰労働が問題になっている昨今、労働時間を減らしていこうという考え間違っていないと思います。でも、そう簡単にはできないだろうから政府主導でこれを進めていこうというのも間違いではないと思います。

しかし、否定的な意見が目につきます。否定的な意見の大半の主張は一部の大企業や仕事に余裕がある人たちにしか恩恵がなく、そのしわ寄せがそうでない人たちのところくるということだと思います。当然ながらそういう意見はその恩恵に預かれない人たちからでているわけで、それが多数派になります。

でも、何をするにしてもいきなり広く平等にというのは無理でしょう。やはり、少数でも一部でもとりあえずやって、そこから広げていくというのが一番理に適っている手段だと思います。

かつて、提案されたクールビズも同じように始まりました。これも政府主導、総理が率先してネクタイを外していたのを覚えています。最初は定着しないだろうと言われていたクールビズですが、今では珍しくありません。それに経済効果もあったような記憶があります。

さらに遡れば週休2日も最初はこんな感じではなかったのではないでしょうか。子供の頃ころのことなのでよく覚えてはいませんが、いつの間にか週休2日が当たり前になっていました。


それに現状、プライベートを優先させるライフスタイルを構築しようとうするならば「セミリタイア」という選択枝しかありません。多くの人が「セミリタイア」や「アーリーリタイア」をしたいと思いつつも実践できる人は少ないと思います。経済的な理由や仕事を一度辞めたら次がなくなる等デメリットが大きいです。

今回始まった「プレミアムフライデー」と「セミリタイア」では比較になりませんが、前者が拡張されて週休3日なればいい勝負になると思います。さらに、週休3日も週の中日の水曜日か週末の金曜日か選べるような制度になれば「セミリタイア」という概念がなくなるかもしれません。

2日働いて1日休養日があったらかなり楽です。それに祝日を合わせたら半分は休みになります。週末4連休にしてちょっと海外へなんてことが気軽にできるようになったら、リスクを冒してセミリタイアをする人は極々少数になるような気がします。

10年後か20年後か、週休3日が当たり前になっているということもあり得ると思います。

そんな、とっかりになるかもしれないし、今のところ大半の人は影響がなく、別にデメリットがあるわけではない「プレミアムフライデー」を否定しなくてもいいと思います。








wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】

お金の終活

新品価格
¥1,944から
(2017/1/8 09:13時点)


2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら