2017年05月15日

2020年東京オリンピックが終わったら・・・不動産市況は悪くなる?!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

今、日本は2020年のオリンピックに向けてインフラ整備が進んでいます。これも一因になっているのでしょうが、投資環境は極めて良好な状態が続いています。当分、オリンピックまでは楽観していていもいいと思います。

問題はオリンピック後です。かつての東京オリンピック後、日本は高度成長期に突入しましたが、今回それはありません。近年の諸外国の例を見れば多くが減速していくようです。不動産市況においても現在都市圏は良好です。しかし、かなり加熱ぎみになっているような気がします。投資用ワンルームマンション等は日増しに増えているようだし、不動産投資の宣伝広告もかなり目にするようになってきました。また、ブログを見ていていると新規に参入したい人、参入した人も増えているです。

一方、都市圏と言えども人口減少社会は楽観できないと思います。需要が大きく伸びることはないでしょう。空室率も増えているようです。そんな中で供給が増えれば競争になります。ここ数年、オリンピックを境にしてその競争が激しくなるような気がしています。


現在、区分マンションを持っていて家賃収入がありますが、こんなことを考えると早めに売ってしまった方がいいのではないかという気にもなってきます。競争力がある物件なら強気で行けますが、私の物件は地域的そこまで強くはありません。

しかし、一応都内、駅近、築15年、対買値で8%強の利回りがあります。今このクラスの物件を買おうとするとかなり割高になるでしょう。そして、売るとなると諸々の経費も発生します。そう考えると売ってしまうのは勿体ないです。

もちろんいくらで売れるのかにもよりますが。買値+αは期待できるかもしれません。実はそこもはっきりさせたところです。無料査定しますというDMがよくくるので査定してみたいとは思うのですが、その後がしつこくなるような気がするので、それも躊躇しています。

ホント、どうなるでしょうか。世の中には4〜5%の利回りでフルローンを組んで新規に参入する人もいるようです。悲観論は過剰なのでしょうか?そこまで、強気で行っていいのでしょうか?

私の場合、幸いにもローンがあるわけではないので、賃料を下げるという選択肢もあります。極論、賃料を半値にしても、いきなり困るということはありません。

その点での競争力はあるので、多少楽観してもいいのかもしれません。
オリンピックまではまだ時間があります。もう少し様子を見てみたいと思います。







wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】

お金の終活

新品価格
¥1,944から
(2017/1/8 09:13時点)


2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら