2017年08月07日

「MHAM J-REIT インデックスファンド」を年金に!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

前回、毎月分配型投信も「基準価額<分配金対象価額」なら元本保証になるのではということを書きました。さらに毎月定期的に現金収入が得られるので年金にもなり得ます。

今回は「MHAM J-REIT インデックスファンド」で具体的に考察してみたいと思います。

現在の基準価額は9,300円、分配金は10,000口当たり毎月50円、年間にすると600円となります。分配金対象額は4月の時点で13,300円だったので13,000円として計算していきます。
MAHA_Jリート1.jpg
9,300円を元本に10,000口を購入します。この時点から毎月50円の分配金がでます。そして、分配金対象額13、000円を50円で割ると260ヵ月分あります。260ヵ月を年にすれば21.6年、20年以上ありますが、年金と考えるならば少し物足りないです。

しかし、これは運用益が全くない場合です。実際は運用益があります。運用益は月ごとにばらつきがあるので直近6ヵ月の平均で26円とすると分配金対象額からの取り崩しは24円となります。これで計算すると45年はもつ計算になります。これだけ続けば十分年金として機能します。


現実的には2,000,000口ぐらいを購入していくことを考えたいと思います。元本186万円で毎月10,000円の不労収入があれば、そこそこの足しになるのではないでしょうか。単純に186万円を毎月1万円づづ取り崩していくと15年程でなくなりますが、最短でも20年以上、40年ぐらいは続きます。

もし、元本1860万円まで増やせれば毎月10万円の不労収入となります。下手な不動産を買って賃料収入を稼ぐより、安全で確実です。

毎月分配型投信は資産形成を目的とするならば非効率です。でも、資産形成が済んで適度に取り崩していくには誠に使い勝手がいいです。特に基準価額を分配金対象価額が大きく上回っている「MHAM J-REIT インデックスファンド」は期待していいと思います。

そしてJリートは下げトレンドから底を打ったところだと思います。今が買い時ではないでしょうか。








wpXレンタルサーバー




100レンタルサーバー


i2iポイントサイトへのご招待です♪
【モバイルバッテリー】

2po40k
【関連する記事】
posted by toshixr11 at 13:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャヌビア
100GB無制限レンタルサーバー【X2】

矯正治療

チカッパプラン 詳細はこちら